無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

2006/09/12

大阪府熊取町で平成15年5月、当時小学4年の吉川友梨さん(12)が下校途中に行方不明になった事件で、泉佐野署捜査本部は、自宅に残された友梨さんの細胞片から採取したDNA型を、近く捜査資料として警察庁の「DNAデータベース」に登録する方針を固めた。わずかな遺留物からでも個人を特定できるDNA情報を利用し、難航する捜査の「切り札」にしたい考えだ。犯罪現場に残された血液などの遺留資料ではなく、失踪(しっそう)者に関するDNA情報の登録は異例という。
<記事:産経新聞 大阪夕刊 2006/09/12>



FC2無料ケータイHP