無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

2017/5/18

 熊取町で2003年5月、小学4年生だった吉川友梨さんが行方不明になって20日で14年を迎える。友梨さんの無事を祈り、情報を呼びかける言葉を添えた絵手紙展が17日、JR熊取駅構内のコンコースで始まった。31日まで。  絵手紙展は、熊取町自由が丘の絵手紙教室代表、新井徹さん(79)が生徒の発案で企画。11回目となる今年は、同町と貝塚市の絵手紙教室に通う生徒30人と新井さんの作品計64点が寄せられた。「友梨さんガンバレ」「春風に乗って帰っておいで」「友梨さんのただいまの声を待ってます」−−はがきサイズの紙に色鮮やかに描かれた花や野菜などの絵のそばに思い思いのメッセージがつづられている。  友梨さんは下校途中の5月20日午後3時ごろ、同級生に目撃された後、行方が分からなくなった。車で連れ去られたとみられている。  新井さんは「14年がたち、事件のことを忘れかけている人もいると思う。小さな活動が解決の糸口になるかもしれないという思いで続けている。事件を決して風化させてはいけない」と話した。【井川加菜美】 <記事:毎日新聞 2017/5/18>



FC2無料ケータイHP