無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

Header
7月 高齢者と熱中症(2)
*心がけたいこと*

・体温調節機能を改善→本格的な暑さの到来を前に「ややきつい」と感じる運動を1日30分、週3回、4週間継続



・小まめな水分・塩分補給(のどが渇く前が鉄則)、日中はコップ1杯程度の水分を1時間に1回



・衣類はスーパークールビズ。室内では肌を露出、戸外は日傘や帽子で日射病対策



・すだれやよしず、植物などで日光を遮り、窓やドアを開け、扇風機で風通し良く



・気温28度以上になったらエアコンを入れる



・お風呂や睡眠の前後に水分補給



・人間は軽い脱水症状では、のどの渇きを感じない。のどが渇かなくてもナトリウム入りの飲料を定期的に飲む



【ナトリウム入り飲料の目安=水1リットル+塩1〜2グラム+蜂蜜などの甘味(飲みやすくなる・エネルギー補給)30〜60グラム】

FC2無料ケータイHP