無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

見直し

モンロー研究所では、ほぼ努力無しで体外離脱を何度も繰り返した。自分が完全に体から自由になっていることを感覚として分かるのだ。

しかし、帰国後はまぐれでたった1度。このことから、研究所中では受身で可能だったが、自宅では能動的な努力が必要と結論付けた。

まずは一つ一つのステップを見直す。迷ったときは基本に帰るのが常に私の戦略だから。

そのようなわけで、リラックスすることから始めた。体外離脱時のリラックスとして「体を忘れる」レベルを意識的に成し遂げる必要がある。



FC2無料ケータイHP