無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

つづき

戸惑った。いつもなら人が癒されそうな場所に連れて行くのがパターンなのだが、どう考えても癒されそうにない場所。

ガイドに尋ねる。こんなところでいいのか?と。人っ子一人いないじゃないか?と。

ガイドの応えは、他人に対する気持ちが原因なのだから、人の存在しない世界が二人を癒すのだ、という。

なんとなく納得できないまま、その場を離れると、ガイドの顔がいま残してきた私の前世の顔に変わった。どうやらうまくやったようだ。

今までも、ガイドの顔が救出した人の顔にかわったことがあるがので、それと分かった。



FC2無料ケータイHP