無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

つづき

やっとセッションに入る。なんとなく、みんなスターウォーズの戦闘機に乗り込むパイロットのように一目散にトイレに向かった。

なぜトイレかと言うと、トレーナーにトイレに行くことを進められたからだ。途中でセッションを台無しにしないため必要なことだろう。

チェック・ユニットにもぐりこみ、暗幕をしっかりマジックテープで止め、光が入らないようにする。そしていよいよヘッドフォンをつけ、横になり、すべての明かりを消してからコントロールルームへOKのサインを送るスイッチをオンにする。

とうとう始まるのだ。



FC2無料ケータイHP