無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

つづき

腰のほうは動くのに不自由を感じないほど回復したので、ガイドを呼び出し何か面白いネタを提供してもらおうと思った。

そうしたら20人ぐらいの存在に囲まれ、膝を着かれ、「先生」と呼ばれた。一体何の先生なのか?何か話し合ったが、ほとんど忘れた。

周りには一本の木が芝生一面の中に堂々と立っていた。

この先生と言われたことについては、その後、意味はわかったが、本人は半信半疑だ。



FC2無料ケータイHP