無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

つづき

彼らは私の前世の両親だそうだ。話しているうちに自分が若くして事故死したこと。アメリカに住んでいたこと、そして愛情あふれる家庭に育ったことがよく分かった。

母親の顔は凄く優しくて、父親の顔も慈愛に満ちていた。今の家族と違っている。死ぬ瞬間、もう愛する両親に会えないのを悲しみながら死んだらしい。私は解決していない悲しみが残っていると左のわき腹に痛みを感じるが、このときもそうだった。

おそらく今回は愛情のない家庭に育つことで前回の悲しみを感じないようにしたのだろう。



FC2無料ケータイHP