無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

つづき

あまりの急な展開に驚いた。夢でも見ているのかと思ったほどだ。しかし、肉体に注意を向ければその感覚はあるのでバイロケーションであることは間違いない。

その人物の後をつけて、話しかけた。「何であんなことをしたのだ、助けるつもりじゃなかったのか?」。応えは「サルが食べたがっていた」。「彼は生きたがっていたじゃないか」。「弱いものは生き残れないそれが部族のおきてだ」。

部族の掟?その後何を聞いても部族の掟という一点張り。こんな妄信的な人物。これが私の過去生だ。



FC2無料ケータイHP