無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

一仕事終わり。

しばらくは叫び声を上げていたが、そのうち落ち着いたようだった。不思議そうな顔をしていた。

そのうち表情が和らいだ。

感覚的にもう彼女は大丈夫だと分かったので、その場を立ち去ることにした。

タイミングよく、F21からしたのフォーカスレベルに戻っていく指令が聞こえてきた。でも、この間、他の指令もあったはずなのに全く耳に入らなかった。

これには自分が驚いた。完全な体外離脱をしていたのかもしれない。



FC2無料ケータイHP