無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

第二幕

…このハゲ含めたクラスのバカどもに文句一つでも言ってはっきりとした敵意を持たせて苛立つ顔でも見て卒業の土産にでもするか?狂気めいた考えが浮かんだがやめた。
ここで文句でも言えばハゲの思う壺。
またおれはコイツらとは違うという特別意識に変に大人びた虚ろな俺がそこには居た…
「何にもありません」わざとらしい敬語で返す。
その時だった…沈黙の教室に響く野太い声…
隣を見るとマサシがまっすぐな眼差しをしながらゆっくり立ち上がった…



FC2無料ケータイHP