無料ケータイHP

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

第三幕

語り終えたと同時に少しマサシはうつむいた…
長くのびた髪がその表情を一瞬隠した。
そしてふとひとしきり全体を見渡した後、その眼差しは力を失っていた。
やはり皆、知らぬふりであった…

がいつもの様な中傷の眼差しやため息などはまったくなかった。
マサシは悲しい笑顔をほんの一瞬浮かべ席についた。





そして卒業し月日は流れた…



FC2無料ケータイHP