【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

ページ14

ドキンと心臓が音をたて、汗がドッと吹き出した。努めて何気ないように振り向くと…
そこには、やはり先程の女子高生様が3人立っていた。女子高生様はニヤニヤしながら僕を見ていたがミキ様がおもむろに手を差し出してきた。

「おじさん、お金」
僕はキョロキョロと辺りを見回した。幸い周りに人はいない。しらばっくれてやり過ごそう、そう考えた。
「な、何の事?」
「しらばっくれても無駄だよ、おじさん」
ミキ様が僕の目をジッと見据えた。
「良い思いしたんだから、その分は払わなきゃね」



FC2無料ケータイHP