【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

ページ149

トボトボと家に向かうしかなかった。電車の中でも、盛り上がっている3人に比べ、僕はこの展開に愕然としていた。
自宅まで押さえられ、もう生活全てが女子高生様のおもちゃになっていく、そんな状態に恐れを感じながらも、一方で何とも言えない甘美なものを感じていた。

しばらくして、最寄り駅のアナウンスが入った。
「ここで降りんだろ?」
カズミ様が、全てお見通し、と言う顔で僕を見た。
「は、はい」
慌てて電車を降りた。
3人は、相変わらず楽しそうにゆっくりとついてくる。



FC2無料ケータイHP