【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

ページ145

ユカ様がそう言った時だった。
『ドン』
という衝撃を足に受けた。カズミ様が僕の足を蹴ったのだった。
弾みで膝に掛けていたハンカチがずり落ちた。
『ボロン』
ギンギンに勃起したチンポが飛びだした。
「ギャハハ、やっぱお前超でかくしてんじゃん!」
カズミ様が大笑いした。
そう、チンポを露出させられ、ハンカチを掛けただけの状態だったのを忘れていた。
「えっ?」
2人は突然のことに、一瞬何が起こったか分からないようだった。が、すぐに気づいた。
「うわっ、ちょっとすごくない?」



FC2無料ケータイHP