【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

ページ140

僕はそう言ってコップを持ち上げ、口元に持っていった。ストローを使うなんてことは許される筈もない。
白く泡立った唾が浮かぶ表面を見ながら口に含む。ほろ苦いコーヒーと共に「ドロリ」とした女子高生様の唾の感触が伝わってきた。「ゴクッ」と一気に喉の奥に流し込んだ。
「うわっ、マジ飲んだよ」「本当に変態なんだ〜」
ウェイトレス女子高生様達は、興奮気味に僕を見た。
「おい、お礼は?」
カズミ様が僕を睨んだ。
「女子高生様の唾入り特性ドリンクをありがとうございました。とてもおいしかったです」
僕は弾かれたように答えた。



FC2無料ケータイHP