【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

ページ119

ミキ様とユカ様がそんな会話を交して、こちらに振り向いた。
「お前、ついて来いよ」
ミキ様とカズミ様はそう言うと、歩き出した。
僕は、なぜユカ様とミキ様、カズミ様が分かれるのか分からず、不気味なものを感じたけど、とりあえず、下を向いたまま後について行った。さすがに、自分の精液でべたべたの顔をあげる事はできない。
ミキ様とカズミ様はどんどん歩いて、店を出た。慌てて後をついて行く。

「おい、お前の携帯貸しな」
ミキ様が突然振り向いて、命令された。
僕は訳がわからなかったが、反射的に携帯を差し出していた。



FC2無料ケータイHP