【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

ページ113

ミキ様の言葉と共に、『ドン』と後頭部に重みがかかり、精液が貼り付いたプリクラに顔が押し付けられた。
そう、頭がミキ様のルーズを履いた足に踏みつけられたのだ。
ミキ様がグリグリと頭を踏みつけ、顔が精液まみれになった。
「どうだ?お前の大好きな女子高生に頭踏みつけられて精液舐める気分は?」
ミキ様が満足そうに笑った。
その瞬間、僕の右目からツツーと涙がこぼれ落ちた。屈辱や快感、恥ずかしさがごちゃ混ぜになって訳が解らなくなっていた。
「ギャハハ、こいつ泣きやがったよ、情けねー」



FC2無料ケータイHP