【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

サイトマップ

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

ページ105

「ほら、掃除しな」
「は、はい。申し訳ありません」
僕はティッシュを取りにカバンの方に向かおうとしたが、ミキ様のルーズをはいたムッチリとした太腿が行く手を阻んだ。
「お前何やってんだ?変態おもちゃがティッシュを使おうなんて100年早えーよ。お前の口で綺麗にしな」
「えっ?」
僕は一瞬何を言われたか分からず、ポカンとした顔でミキ様を見上げていた。
「お前バカ?お前が舐めて綺麗にしろってんだよ」
僕はカズミ様の言葉に愕然とした。
今までさんざん恥ずかしくて惨めな事を命令され実行してきた。これ以上無いくらい恥ずかしい…



FC2無料ケータイHP