無料ケータイHP
解体1

計画が決まったら、工事のために必要な解体に取りかかります。
居住しながらのリフォームは部分的な解体と仕上げを何度も繰り返す必要があります、仕上げ部の接合など、技術的に高度になることが多いので、やむを得ない場合を除き避けて下さい。
空き家の場合、壊すべき所は先に全部壊した方がうまくいきます。
素人さんが解体する場合、柱や梁など構造材を解体するのはかなり危険でしょうね。手順を誤ると最悪の場合崩壊します。このあたりの必要が生じた場合、プロのアドバイスを受けた方が無難でしょう。



FC2無料ケータイHP