無料ケータイHP
内装下地工事2

下地合板を貼ることによってその後の作業もスムーズです。
基準の墨出しも容易ですし、作業も気軽にできます。
仕上げのフロアーを早期に貼ってしまうといくらしっかり養生しても壁や天井を施工している間に傷つけてしまうからです。
下地の合板は12ミリ厚の針葉樹合板かOSBを使用します。
合板取付前に床下の防虫処理も忘れずに。

壁は柱に胴縁(43×17)を取り付けてプラスターボードを貼るのが主流です。コストを抑えるため、柱や間柱に12.5ミリのプラスターボードを貼る方法もありますが、柱の太さがまちまちで、垂直もままならないリフォーム工事ではお勧めできません。



FC2無料ケータイHP