無料ケータイHP

home pageマークがホームページ
edit pageマークが現在のページ

●逃げ場を大切に

どんな動物にも、最後の逃げ場というのがある。子どもも、またしかり。子どもは、その逃げ場に逃げ込むことによって、身の安全をはかり、心をいやす。たいていは自分の部屋ということになる。その逃げ場を荒らすようになると、子どもの心は、一挙に不安定になる。だから子どもが逃げ場に逃げたら、その逃げ場を荒らすようなことはしてはいけない。たとえ子ども部屋でもそうする。逃げ場のない子どもは、「家出」ということにもなりかねない。



FC2無料ケータイHP