【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

next19

 俺は口を離し、スカートを捲り上げると、穿いていたショーツを脱ぎ捨てた。そして、ベッドに響子を押し倒して馬乗りになると、もう一度握り締めた。

「な、なにするの」
「もっとママが気持ち良くしてあげるって言っているの。ね!ゆう君」

 俺はペニスを俺のアソコに導いてやった。先っぽがソコに当たると、ゾクゾクした快感が込み上げてくる。
 徐々に腰を降ろして行く。すると、すでに内部が潤っている俺のアソコがグーっと咥え込んでいった。
 しっかりとした固さを持ったソレは内側を押し広げ、奥へ奥へと入っていく。



FC2無料ケータイHP