【ソフト・オン・デマンド】月額¥1,480動画見放題 新規会員獲

next16

 それは今の私がゆう君になっていることを実感させることになりました。
 だって華奢な両足の間には私にある筈のないもの、小さいペニスが付いていたんです。
 私が唖然と立ち尽くしていると、もう一人の私はその掌で私のペニスをそっと握って、ゆっくりしごきはじめました。
 根元から先端へゆっくり繰り返されるそれは段々とスピードを上げてきます。それにつれて、私の中に何かが沸きあがってきました。ペニスを中心に体を突き上げてくるソレに、私の息は段々荒くなっていきます。

「はぁ、はぁ、はぁ、何これ、何かが来る」



FC2無料ケータイHP